忍者ブログ

サラたんのブログ

ちょっときまぐれになってしまいますが、ブログをはじめてみました。

医療費控除の申請

確定申告期間は過ぎてしまいましたが、
今年は事情があって遅くなってから
医療費控除の申請を、税務署にだしました。

早く提出すれば、それだけ早く還付金が戻るので、
年明けから早くやらなきゃと思いつつ、
ずっと先延ばしにしていました。

計算してみたら、病院で支払う医療費のほか、
市販薬の購入した総額が結構多くて、
びっくりしました。

いろいろ計算したら、
1万円ちょっと還付されそうです。

還付金は嬉しいけど、
支払った医療費もそれなりにあるので、
複雑な気持ちです。

なるべく医療費かからないように、
今年はすごしたいな。
PR

ツバメ対策も大変です

我が家はツバメの巣作りの場として適しているらしく、
窓の外を頻繁にツバメが飛び回ります。

ただ、うちでは諸々の事情があって
巣作りをさせない対策をしているんです。

対策として我が家で使用しているのは防鳥テープというもの。

テープはツバメが巣を作るような
高い位置に張らないと効果が薄いので、
張る時は大きな脚立を運んで来て、
その上に立っての作業になるのですが、
高いところが苦手な私には結構怖い作業なのです。

テープを張るのに両手を使うので
脚立の上でバランスを崩さないようにドキドキ。

もう少し高さのある脚立だと楽なのですけどね。

女性の芸人

以前にもまして女性の芸人の活躍が
目覚ましいように感じますよね。

ある大物芸能人が、女性の芸人は、
男性の芸人よりも芸が下品に見えがちで、
体をはっても残念にしか見えないから、
笑いがとりにくいと言っていました。

しかし最近は面白さと
適度な上品さを持ち合わせた女芸人が多くなってきています。

特に注目したいのはそのファッションです。

ふくよかな女性でも独特のセンスや、
こだわりを持っておしゃれにしているので、
一般の女性でも参考になるのではないかと思います。

時代が変わったものですよね。
もちろん、良い方に変わったと思います。

風邪をひいてしまった

鼻風邪をひいたようで、
鼻がグズグズしてスッキリしません。

市販の風邪薬を飲んでいるのですが、
いまいち効果を感じないのです。

点鼻薬を指しているとその時だけはスッキリとしますが、
時間が過ぎるとまた鼻がグズグズしてきます。

インフルエンザにかかることを思えばまだ症状が軽くていいな、
と思いますが、鼻が詰まると口呼吸になるので、
インフルエンザにかかりやすくなるので、
とても注意が必要になるのです。

とりあえず、マスクはかかさずして、
喉を乾燥させないようにしています。

マスクをしていると呼吸がちょっと苦しいのですが、
インフルエンザにかかつてしまわないように我慢です。

早く治って欲しいです。

ちょっと話題のパーマを試してみた

何となくブログをあちこち見ていたら、
目からウロコな記事を見付けました。

それは貧乏パーマという物です。

前からちょっと聞いた事はあったのですが、
不器用な私に出来るのかと気にも留めていませんでした。

ブログの記事には、
本当に簡単な方法でくっきりとしたウェーブというかカールが出る
貧乏パーマの方法が書かれていました。

早速私もチャレンジしてみました。

ただ、髪を結って癖付けなので
一晩置かないとくっきりパーマ風にはならないのかなと思います。

好きなアーティスト

自分の好きなアーティスト(グループも含む)は聞いていて心地良いものですね。

私は邦楽ならこのアーティスト、
洋楽ならこのアーティストと好き嫌いがはっきりしているので、
人には「偏っている」という印象を与えてしまいます。

好きなアーティストは、
一人でライブに行ってしまうくらい情熱を注ぎます。

そして生の迫力に触れて、ますます好きになります。

落ち込んだりムシャクシャした日があると、
そのアーティストのDVDを見て聞いて元気を取り戻したり、
次の日緊張することがあったり大事なことがあったりする時は
CDやDVDで心を落ち着けたりします。

カラオケでも好きなアーティストの歌を歌う時には、気合が入ったりします。

やっぱり「愛」ですよね。

これからも好きなアーティストに触れて、
充実した時間を送りたいです。

「知らない」ということ

世の中には「知らなかった」ということがたくさんあります。

これまでのことを思い返してみると、
「自分は如何に何も知らなかったのか」と思うことばかりなのです。

その時は知らなかったということに気が付かないというか、
知らなくても気にならなかったわけです。

年齢を重ねていくうちに知らなかったことを知るようになってきます。

その時に初めて知らなかったことについて恥ずかしいとか
「知らなかった、分からなかっただけなんだ」ということに気が付いたりするのです。

もっとも、世の中のことで、
知っている事よりは、知らないことの方が断然多いものですよね。

知っていることは、ほんの少しというか。

そういうことを、つくづく思うことがあるんですよね。

週末は靴洗い

我が家は週末に
運動靴や上靴などを晴れていたら思いっきり洗うという習慣があります。

とっても面倒臭いのですが、
洗い終わって干しているととっても気分が良いので
なんとなく週末になると誰かが熱心にじゃぶじゃぶと洗っているのです。

靴がぴかぴかだと日常を送るのもとっても気持ちが良いし、
明るい気持ちで過ごせたりするものです。

玄関の臭いもぴかぴかの靴がおいてあると不快な感じにはならないので、
やはりいつもきれいを保つのは良いことだと思うのです!

玄関が気持ちいい状態になっているのと、そうでないのとでは、
帰宅した時の気分が全然違うものですよね。

セールスマンには気をつけよう

先日自宅で夕食を作っているときに家のチャイムが鳴ったので、
インターホンを取ったところ、
我が家のすぐそばの住所から来ましたと言うので、
誰か知り合いかと思い、
慌てて外に出てみると何のことはないただのセールスでした。

それなら住所など言わなくてもいいじゃないかと腹立たしい思いをしたのですが、
玄関先まで出てもらうには住所や個人名を名乗るのが一番効果があるのでしょうね。

でも次からは相手をよく確かめてから、出ようと思います。

まったく腹が立ちます。
こういうのって取り締まれないのでしょうかね。

消費者センターみたいなところに訴えるというか、相談すればいいのでしょうかね。


怖い夢を見た

私はホラー映画やオカルト系の番組など、
とにかく怖い話が大好きで
よく周りの友達にも「何か怖い話はない?」と尋ねては
身も凍るような怖い話をしてほしいとせがんでいます。

ただ、だからといって
霊や死後の世界を信じているわけではなく、
怖がることを純粋に楽しんでいるといった形です。

そしてもちろん私自身は一度も身も凍るような恐怖体験をしたことはありません。

ところが先日、夢でとっても恐ろしい体験をし、
目が覚めたときには心底ホッとしたのでした。

その日は、寝る前にホラー映画のDVDを見たのです。
それが、夢に関係あるのでしょうね。

怖い話は大好きでも、夢の中での怖いのはちょっとイヤ(^^;

プロフィール

HN:
サラたん
性別:
非公開

P R